肌トラブルは体の内面から解決しよう

 

美人は体の内面から作られるとはよく言いますが、文字通り内臓の働きが肌トラブルを防いでくれたり、逆に誘発してしまうことはよくあります。
お肌の調子が悪いと化粧品やスキンケア用品に目がいきがちですが、ここは一度体の内面から肌トラブルの予防を考えてみるのも勉強になります。
特に肌と便秘の関係性はよく知られていますが、肌と胃の関係についてはあまり気にしていない人は多そうですね。
実は胃がうまく機能していないとその分の負担が腸にかかり、そのために便秘といった症状に見舞われて、結果的に肌荒れになってしまうんです。
無用な肌トラブルを起こさないためには、腸だけでなく胃も気遣ってあげましょう。
第一に体を冷やして胃や腸の機能を落とさない事が大切ですが、次にご飯を水分で流し込むようにして食べないのもお肌にとってはおすすめです。
水分でご飯を胃に流し込むと、胃液が薄まってしまいうまく消化する事ができません。
その結果、腸が必要以上に頑張る羽目になり、便秘に陥りやすくなります。
小さなことですが、食事中はご飯を口に入れている時は水分を含まないといった方法をとるだけでも腸の負担を減らせるので、お肌への悪影響を少なくできるのです。